シンカンセンスゴイカタイアイスは何分くらい置けばスプーンが刺さるのか?

シンカンセンスゴイカタイアイス抹茶 鉄道の旅

新幹線に乗ったとき、車内販売のワゴンが通ると、アイスクリームが欲しくなりませんか。

この新幹線の車内販売のアイスは、一部の人の間で「シンカンセンスゴイカタイアイス」と呼ばれています。

その名の通り、カチカチに凍っていて、買ってすぐに食べようとしても、固すぎて、アイスにスプーンが刺さらないのです。

では、どれくらい置けば、スプーンが刺さるのか、試してみました。

買ってから5~10分ほど置くとスプーンが刺さる

シンカンセンスゴイカタイアイス バニラ

新幹線の車内販売でアイスクリームを買うと、「固いので、しばらく置いてからお召し上がりください」と言われます。

では、どれくらい置いておけばいいのでしょうか。

※公式では「シンカンセンスゴクカタイアイス」ではなく「シンカンセンスゴイカタイアイス」となっています。

買ってから5~10分ほど置いておくと、固すぎず、やわらか過ぎず、ほどよい固さになって、スプーンもスムーズに刺さりました。

「10分だとヤワラカイアイスになる」は、たぶん記憶違いでしょうね。

中には、ホットコーヒーを買って、アイスクリームの上に乗せて溶かす人もいるようです。

買ってから20分放置するとヤワラカイアイスになる

アイスクリームを買ってから20分置いたら「ヤワラカイアイス」になりました。

スプーンは難なく刺さりましたが、かなり溶けていました。

ソフトクリームほど、やわらかくありませんでしたが、20分は置きすぎでしたね。

まとめ

シンカンセンスゴイカタイアイス バニラ

シンカンセンスゴイカタイアイスは、買ってから5~10分ほど置いておくと、固すぎず、やわらか過ぎず、ほどよい固さになり、スプーンもスムーズに刺さりました。

ただし、20分置くと、かなり溶けてヤワラカイアイスになりました。

シンカンセンスゴイカタイアイスは、5~10分置いてから食べるのが、いちばんよいなと思いました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました