新函館北斗駅前のホテル「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」に泊まってみた

鉄道の旅

北海道新幹線が2016年3月に開業しました。

北海道新幹線の終点・新函館北斗駅を一度じっくり見学したいと思い、札幌観光の帰りに行ってみることにしました。

そこで、新函館北斗駅周辺で1泊することとし、駅のすぐ目の前にある「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」に泊まりました。

この記事では、「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」に泊まってみて感じたことを書いています。

ホテル自体はよかった

ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の外観

宿泊したホテルはホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

宿泊日は、2017年10月14~15日の1泊2日。

2017年3月にオープンしたばかりだったので、ものすごくキレイでした。

このホテルはシングルルームがなく、ダブルとツインの部屋のみ。

なので、スタンダードダブルという部屋を予約しました。

このときの料金は、1泊2日朝食付きで10,700円。楽天ポイントを2,000ポイント使ったので、実質8,700円の支払いです。

個人的に1万円以上は割高と感じます。

ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の部屋(デラックスツイン)
ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の部屋(デラックスツイン)
ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の部屋(デラックスツイン)

しかし、実際に泊まったのは予約したダブルではなくツインの部屋。

ホテル側の都合により、こういうことは、たまにあります。

同じ値段で、デラックスツインというグレードアップされた部屋でした。

部屋は広く、トイレと浴室が別。

泊った部屋から新幹線の駅が見えました。

大浴場(天然温泉)もあります。

オープンしたばかりだったのでキレイで、しかも駅がすぐ目の前にあるので、ホテル自体はものすごくよかったです。

ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の部屋(デラックスツイン)のトイレ
ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の部屋(デラックスツイン)の浴室
ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の部屋からの眺め

周辺に何もないので観光の拠点としては厳しい

ホテル自体はすごくよかったですが、ホテル周辺はコレといったものがありません。

駅・ホテル周辺は、バス・タクシー乗り場、レンタカー店、あとは民家と田んぼです。

新函館北斗駅周辺は、正直、観光向きではありません。というか観光地とは言いがたい。

観光目的で新函館北斗駅を拠点にすると、函館までの移動が必要になります。

ただ、函館のホテルが取れなかったら候補に入れてもよいかもしれません。

ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の部屋からの眺め
新函館北斗駅周辺案内図

新幹線に乗って帰るだけの人には抜群の立地

新函館北斗駅前のホテルは、「あとは新幹線に乗って帰るだけ」であれば、抜群の立地だと思います。

駅がすぐ目の前なので移動が楽、東京までなら乗り換えなし、新大阪までなら乗り換え1回。

ホテルの1階で駅弁も売ってるし、おみやげ屋もありますし。

私の場合、新函館北斗駅前をじっくり見たかったので、新函館北斗駅前のホテルを予約しました。

函館観光の予定がなかったし、札幌観光の帰りの途中下車として。

あとは新幹線を乗り継いで大阪へ帰るだけでした。

ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の外観
新函館北斗駅とホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

さいごに

新函館北斗駅前のホテル「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」に泊まってみた感想でした。

ホテル自体は、オープンしたばかりだったのでキレイで、しかも駅のすぐ目の前だったので、ものすごくよかったです。

ただ、駅やホテル周辺は何もないので、観光の拠点とするには厳しいと思いました。

あとは新幹線に乗って帰るだけという人には、駅がすぐ目の前にあるので便利だと思いました。

楽天トラベル で見る→ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

じゃらんnet で見る→ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ライフへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました