【廃車】尾久車両センターのオロネ25-7|オロネ25-0番台が全車廃車

寝台列車
スポンサーリンク

尾久車両センターに留置されていた24系寝台客車「オロネ25-7」が2021年3月に廃車となりました。

これにより、24系25形の個室A寝台客車「オロネ25-0番台」がすべて消滅しました。

この記事では、オロネ25-0番台の製造~改造~廃車までの変遷について書いています。

オロネ25-0番台が全廃車

オロネ25-0番台とは全個室のA寝台車。

東京発着の寝台特急が、24系客車(3段式B寝台)から24系25形(2段式B寝台)化されたのに伴い登場しました。

オロネ25形でいちばん最初に登場した形式なので0番台となっています。

1976~78年に12両が製造され、1人用個室が14室、間口1150mm、奥行き1950mmの個室内に幅700mmのソファベッドが枕木方向に並んでいます。窓側にテーブル兼用の洗面台があり、照明と冷暖房は各個室で調節可能となっています。

改造による改番・形式変更により、0番台として残ったのは「オロネ25-3・7・9・10」の4両。

このうち、オロネ25-3は1996年、オロネ25-9・10は2006年に廃車となりました。

最後まで残ったオロネ25-7が2021年3月に廃車となり、オロネ25-0番台がすべて消滅しました。

オロネ25-7が最後まで残ったオロネ25-0番台

オロネ25-0番台は12両のうち8両が改造され、改番および形式変更となりました。

なので、0番台として残ったのは4両。

4両のうち3両は2006年までに廃車となり、最後まで残ったのが尾久車両センター所属のオロネ25-7でした。

オロネ25-0番台は12両製造

オロネ25-0番台は、1976~78年に12両製造され、「はやぶさ」「富士」「出雲」に連結されました。

12両のうち8両改造|改番・形式変更

オロネ25-0番台12両のうち、8両が改造され改番または形式変更されました。

オロネ25-8・11・12はオロネ25-701~703へ改番

オロネ25-8・11・12の3両は、「あさかぜ1・4号」のグレードアップ車両として改造。オロネ25-701~703へ改番されました。

改造は、アコモデーション(接客設備)を豪華仕様に変更し、個室内のクロスや化粧シートの交換、寝台灯の改良が実施されました。

喫煙室にオーディオ装置を設置し、BGMやニュース放送を各個室に提供可能にしています。

オーディオ装置を搭載したオシ24-700番台との電気系統の引き通し回路の関係で700番台に改番となりました。

オロネ25-1・2・4~6はオロネ15-3001・3002・3004~3006へ形式変更

オロネ25-1・2・4~6の5両は14系に改造され、オロネ15-3001・3002・3004~3006へ形式変更されました。

「はやぶさ」「富士」に連結。

「はやぶさ」は「さくら」と併結運転を行っていましたが、「さくら」廃止に伴い「はやぶさ」は「富士」と併結されました。

その際、編成全体を14系寝台車に統一したため、オロネ25-0番台を14系化に改造。

改造は、電気系統の引き通し回路の変更程度で寝台設備は種車のままです。

番号は元番号に3000を加えただけなので、3003は欠番となっています。

12両のうち4両は改造なし

オロネ25-3・7・9・10は改造なしの純粋な0番台。

オロネ25-3は「はやぶさ」、オロネ25-7・9・10は「出雲」に連結されていました。

2010年までに11両が廃車

オロネ25-3は1996年、オロネ25-701~703(旧オロネ25-8・11・12)は2003年、オロネ25-9・10は2006年、オロネ15-3001・3002・3004~3006(旧オロネ25-1・2・4~6)は2009~10年にそれぞれ廃車。

2010年までに改造車も含め、12両中11両が廃車となりました。

まとめ|オロネ25-0番台は改造車も含め全廃車

最後まで残ったオロネ25-7が2021年3月に廃車となり、オロネ25-0番台が改造車も含め、すべて廃車となりました。

オロネ25-7はすでに解体された模様。

オロネ25-0番台で現存する車両はないと思われます。

唯一、大分県日田市にある日田天領水の里 元氣の駅内「寝台特急富士展示場に保存展示されていたオロネ15-3005(旧オロネ25-5)も解体されました。

オロネ25は、個人的に鉄道博物館などで保存展示してほしい車両でした。

【参考文献】ブルトレ新系列客車のすべて (イカロス・ムック)

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ライフへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

タイトルとURLをコピーしました