気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

鉄道の旅

青春18きっぷ 無人駅から乗車するときスタンプをどこで押してもらう?

投稿日:

青春18きっぷを使うとき、その日最初に乗る駅の改札で駅員に日付印のスタンプを押してもいます。

では、無人駅の場合は、いつ、どこで、誰にスタンプを押してもらうのか?

青春18きっぷの案内に、

「ご乗車時に改札口で(無人駅から乗車の場合は車掌から)利用日の記入を必ず受けてください。」

とあります。

無人駅から乗車するときは、列車の車掌からスタンプを押してもらうことになります。

青春18きっぷ

青春18きっぷで無人駅から乗車するときは列車の車掌にスタンプを押してもらう

青春18きっぷで無人駅から乗車するときは、列車の車掌から日付印スタンプを押してもらいます。

どのタイミングで押してもらうのか?

車掌が車内検札にきたとき、検札に来なければ、車掌室で声をかけてスタンプを押してもらいます。

では、車掌が乗務していないワンマン列車では誰にスタンプを押してもらうのか?

車掌のいないワンマン列車では、運転士にスタンプを押してもらいます。

車掌が乗務していないワンマン列車では運転士にスタンプを押してもらう

車掌のいないワンマン列車では、運転士にスタンプを押してもらいます。

列車が走行中は運転士に声をかけることができないので、列車が停車してからスタンプを押してもらいます。

18きっぷにスタンプを押してもらうのは下車するときでいいと思います。

というのは、通常、ワンマン列車での運賃の精算は下車時に行うからです。

ワンマン列車の乗り降りの基本は、乗車時に整理券を取り(どの駅から乗車したか証明するため)、下車時に整理券と運賃を運賃箱に入れます。

運賃は運転席後ろに運賃表がありますので、その運賃表で確認します。

路線バスと同じ乗り降りの方法です。

無人駅から乗車して駅員のいる有人駅で下車するとき

下車する駅が駅員のいる有人駅の場合、運転士は運賃の精算を行わないので、駅の改札で駅員に整理券と運賃を渡します。

なので、18きっぷも下車した駅の改札で駅員にスタンプを押してもらいます。

おわりに

青春18きっぷで無人駅から乗車するとき、日付印スタンプをどこで押してもらうか? についてでした。

無人駅から乗車するときは列車の車掌から、車掌がいないワンマン列車では運転士からスタンプを押してもらいます。

下車する駅が駅員のいる有人駅だったら、駅の改札で駅員にスタンプを押してもらいます。

有人駅か無人駅かは車内放送で案内があります。

「運賃は車両前方の運賃箱に」とか「運賃は駅係員にお願いします」とか。

ちなみに、最初に乗車した駅が駅員のいる有人駅の場合、改札でスタンプを押してもらっているので、無人駅で乗るときはそのまま乗車して、下車するときは運転士にきっぷを見せて降りるだけです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ







-鉄道の旅

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

旧大社駅へ行ってきた

旧大社駅へ行きました。 ブラタモリで放送されたこともあり、気になっていましたので。 大社駅とは 大社駅は、国鉄→JR西日本 大社線の終着駅でした。 1990年4月に大社線が廃止となり、大社駅も廃止とな …

北海道大学~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(8)

函館から札幌へ~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(7) 旅の最後は、北海道大学へ行きました。 北大植物園は一度行ったことがありましたが、大学は初めてでした。 北大正門。 北大は、学生だけ …

函館から札幌へ~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(7)

五稜郭~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(6) 五稜郭駅から函館駅へ戻ってきますと、ホームに私が乗る予定のスーパー北斗13号が、すでに入線していました。 急いでコインロッカーに荷物を取り …

竜飛岬へ徒歩圏内 龍飛崎温泉 ホテル竜飛に泊まりました

ホテル竜飛は、青函トンネル記念館、青函トンネル入口広場、階段国道を巡る旅をしたときに宿泊しました。 青函トンネル記念館、青函トンネル入口広場、階段国道を巡る旅【計画編】 ホテル竜飛へのアクセス ホテル …

はやぶさグランクラス車内

はやぶさのグランクラスに乗ってみた

一度でいいからグランクラスに乗ってみたい! ということで、東北新幹線はやぶさのグランクラスに乗りました。 新函館北斗まで行きましたので、正確には東北・北海道新幹線と言ったほうがいいのかも。 グランクラ …

Google




amazon

宿泊サイト

ブログランキング

最近のコメント