JR西日本の117系「WEST EXPRESS 銀河」についてまとめてみた

国鉄車両

JR西日本から「WEST EXPRESS 銀河」の運行概要について発表がありました。

今回、「WEST EXPRESS 銀河」の運行概要と車両概要についてまとめてみました。

「WEST EXPRESS 銀河」の運行概要について:JR西日本

運行開始日と運行概要

運行開始日は2020年5月8日(金)。

京都→出雲市の夜行特急列車として運行開始されます。

2020年5月~9月は、京都・大阪~出雲市間の夜行特急列車として、2020年10月~2021年3月は、大阪~下関間の昼行特急列車として、週2往復程度の運行となります。

運転時刻と停車駅は、以下の通りです。

下り列車(出雲市行き)

  • 運転時刻:京都21時頃発→出雲市9時半頃着
  • 停車駅:京都・新大阪・大阪・三ノ宮・神戸・西明石・姫路・生山・米子・安来・松江・玉造温泉・宍道・出雲市

上り列車(大阪行き)

  • 運転時刻:出雲市16時頃発→大阪6時頃着
  • 停車駅:出雲市・宍道・玉造温泉・松江・安来・米子・根雨・備中高梁・神戸・三ノ宮・大阪

なお、2019年12月現在発表されているのは、京都・大阪~出雲市の夜行特急列車のみの概要です。

大阪~下関の昼行特急の概要は、発表されていません。

利用料金ときっぷの発売箇所

特急料金・グリーン料金は現行の料金が適用されます。

グリーン個室料金は新設されます。

グリーン個室料金は、(~100km=4,360円、~200km=5,860円、~400km=7,240円、~600km=8,450円)です。

グリーン個室の定員は、夜行=2名、昼行=2~3名となります。(1名用個室を除く)

きっぷは、JR西日本インターネット予約「e5489」、「JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION」のほか、全国のみどりの窓口、旅行会社窓口で購入できます。

「JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION」で購入できることから、海外からの予約もできます。

車両概要

車両の概要は以下の通りです。

車両は、117系電車の改造で、6両編成。

車体の色は、瑠璃紺(るりこん)色。

1号車は、グリーン車指定席、愛称名はファーストシート。

2号車は、普通車指定席(ノビノビ座席・女性席)、愛称名はクシェット(女性席)。

3号車は、普通車指定席(コンパートメント)+フリースペース、愛称名はファミリーキャビン+明星(みょうじょう)。

4号車は、フリースペース、愛称名は遊星(ゆうせい)。

5号車は、普通車指定席(ノビノビ座席)愛称名はクシェット。

6号車=グリーン個室+フリースペース、愛称名はプレミアムルーム+彗星(すいせい)。

くわしくはこちら↓↓↓

WEST EXPRESS 銀河 – JR西日本

まとめ

「WEST EXPRESS 銀河」について、まとめてみました。

【<公式>JR西日本】「WEST EXPRESS 銀河」 紹介動画

「瑞風」は富裕層がターゲットですが、「WEST EXPRESS 銀河」は従来の特急料金・グリーン料金で乗れますので、庶民にも手が届きそうです。

また、きっぷも通常のきっぷ同様、みどりの窓口やネット予約で買うことができます。

ただし、すぐに売り切れそうなので、きっぷをゲットするのは、なかなか大変そうです。

それに、転売目的で購入する人もいるでしょうから、それが懸念されます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました