14系・24系の保存車両はどこにある?

国鉄車両

寝台列車がほとんど廃止されて久しい。

残っているのはサンライズ瀬戸・出雲のみ。

個人的に581系・583系だけでなく、24系の関西~九州のブルートレインにもよく乗っていました。

特に「明星」。

寝台列車の廃止が進む中、残っている寝台列車にすべて乗ろうという計画を立て、14系・24系については、「日本海」、「北陸」、「あけぼの」、「トワイライトエクスプレス」、「北斗星」、「はまなす」に乗ることができました。

現在、京都鉄道博物館と九州鉄道記念館に14系と24系の客車が保存展示されていますが、ほかに14系・24系客車が保存されているところはないか? 調べてみました。

ブルートレインたらぎ

熊本県球磨郡多良木町のくま川鉄道・多良木駅前にあるブルートレインたらぎ

14系車両が3両(オハネ15-2003、オハネ15-6、スハネフ14-3)保存されています。

これらは簡易宿泊施設として利用されています。

小坂鉄道レールパーク

秋田県鹿角郡小坂町にある小坂鉄道レールパーク

小坂鉄道レールパーク内の宿泊施設「ブルートレインあけぼの」として、24系車両が4両(オハネフ24-12、スロネ24-551、オハネ24-555、カニ24-511)が動態保存されています。

宿泊客は動くブルートレインに乗ることができます。

小坂鉄道レールパークは旧小坂鉄道の線路と設備を利用した複合施設です。

ふれあいらんど岩泉

オハネ25-151(日本海乗車時)
オハネ25-151(日本海乗車時)
オハネフ25-121(日本海乗車時)
オハネフ25-121(日本海乗車時)

岩手県下閉伊郡岩泉町のふれあいらんど岩泉

ふれあいらんど岩泉内に宿泊施設「ブルートレイン日本海」として24系車両が3両(オロネ24-5、オハネ25-151、オハネフ25-121)保存されています。

下吉田駅ブルートレインテラス

山梨県下吉田市の富士急行・下吉田駅構内にある下吉田駅ブルートレインテラスに14系車両1両(スハネフ14-20)が展示保存されています。

こちらは土日祝日のみ車内開放されています。

ポッポの丘

オロネ24-2(日本海乗車時)
オロネ24-2(日本海乗車時)

千葉県いすみ市にあるポッポの丘に24系車両が2両(オハネフ24-2オロネ24-2)保存されています。

こちらは原則、車内非公開ですが、土日のスタッフ常駐時のみ車内公開されるようです。

那珂川清流鉄道保存会

栃木県那須烏山市にある那珂川清流鉄道保存会に14系車両が3両(スハネフ14-35オロネ14-703スハネ14-703)保存されています。

保存車両は一般公開されています。

那珂川清流鉄道保存会は、廃車となった鉄道車両の収集と保存活動をしている団体です。

ザ・ヒロサワ・シティ

スシ24-505(札幌駅にて)
スシ24-505(札幌駅にて)

茨城県筑西市にあるテーマパーク「ザ・ヒロサワ・シティ」。

ザ・ヒロサワ・シティ内にあるレールパークに24系車両が4両(オロハネ24-551オハネフ25-12スシ24-505オハ25-503)保存されています。

こちらは車内見学不可となっています。

日田天領水の里 元氣の駅

大分県日田市にある日田天領水の里 元氣の駅

日田天領水の里 元氣の駅内にある「寝台特急富士展示場」に14系車両が2両(オロネ15-3005、スハネフ14-5)保存されています。

こちらは車内見学可能です。

ららぽーと新三郷

埼玉県三郷市にあるショッピングモール「ららぽーと新三郷」に24系車両が2両(オハフ25-901、オシ25-901)保存されています。

こちらの2両は「夢空間」車両です。

オハフ25-901(ラウンジカー)は車内に入れますが、オシ25-901(ダイニングカー)は車内に入れません。

フレンチレストラン アタゴール

東京都江東区木場にあるフレンチレストラン「アタゴール」に24系車両が1両(オロネ25-901)レストランの施設として利用されています。

こちらは「夢空間」車両です。

レストランの敷地内にあり、レストラン利用客は車内に入れるようです。

ベーカリーレストラン グランシャリオ

埼玉県川口市にあるピュアビレッジ

ピュアビレッジに24系車両が1両(スシ24-504)「ベーカリーレストラン グランシャリオ」として利用されています。

茂辺地北斗星広場

オハネフ25-2(北斗星乗車時)
オハネフ25-2(北斗星乗車時)
スハネ25-501(北斗星乗車時)
スハネ25-501(北斗星乗車時)

北海道北斗市茂辺地にある茂辺地北斗星広場に24系車両が2両(オハネフ25-2、スハネ25-501)保存されています。

こちらは、4~11月の土日祝日に車内見学できるようです。

どうやら外観の状態はよくないようです。

茂辺地北斗星広場へは、道南いさりび鉄道・茂辺地駅から徒歩約5分。

肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅前

阿久根駅前のオハネフ25-2209とオハネフ25-206)
阿久根駅前にて

鹿児島県阿久根市の肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅前に24系車両が2両(オハネフ25-2209、オハネフ25-206)ライダーハウス「あくねツーリングSTAYsion」として利用されていました。

簡易宿泊施設として営業していましたが、その後閉鎖。

「あくねツーリングSTAYsion」閉鎖後も阿久根駅前に留置(放置?)されたままです。

そこで、香川県善通寺市のうどん店「岸井うどん」が、この2両を鹿児島から香川へ移設するべくクラウドファンディング。⇒リベンジ!寝台特急「なは」B寝台車両、同時輸送を叶えたい

店の隣に設置して、ゆくゆくは宿泊施設としてよみがえらせたいそうです。

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館のオハ25-551
京都鉄道博物館にて

京都鉄道博物館に24系車両が5両(オロネ24-4、スロネフ25-501、スシ24-1、オハ25-551、カニ24-12)保存されています。

5両のうち4両はトワイライトエクスプレス車両です。

こちらは車内見学不可ですが、イベントとして土日に車内公開されることがあります。

九州鉄道記念館

九州鉄道記念館のスハネフ14-11
九州鉄道記念館にて

北九州市門司区にある九州鉄道記念館に14系車両が1両(スハネフ14-11)保存されています。

こちらは車内見学可能です。

さいごに

京都鉄道博物館と九州鉄道記念館のほかにも14系・24系客車の保存車両がありました。

しっかりメンテナンスされていて、キレイに保存されている車両。

レストランや宿泊施設として有効利用されている車両。

放置されたまま塗装が痛んで廃墟のような車両。

日本各地に14系・24系の保存車両があることがわかりました。

それにしても、ほったらかしで見るからに痛々しい車両は、解体されるのと同じくらい寂しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ライフへ

コメント

  1. たろうさん より:

    一部の心ない人が保存車両の部品を盗んでいくことがあるそうです。そんなことがあることも記事に入れてほしかった。

    • ほりのすけ ほりのすけ より:

      コメントありがとうございます。また、貴重なご意見ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました