羽衣線(阪和線東羽衣支線)東羽衣駅へ行ってきた

駅・路線

羽衣線(阪和線・東羽衣支線)東羽衣駅へ行きました。

訪問日は2018年9月。

JR線全線完乗を目指す旅の一環として羽衣線に乗車、終点の東羽衣駅へ行きました。

この記事は、羽衣線と東羽衣駅を訪問したときのことについて書いています。

羽衣線(阪和線・東羽衣支線)とは

羽衣線は通称であり、正式には、阪和線の支線(東羽衣支線)です。

時刻表やJR西日本のHPに「羽衣線」の表記はなく、すべて「阪和線」です。

駅の案内は「羽衣線」となっています。

以下、この記事では「羽衣線」に統一します。

羽衣線の区間は、鳳駅~東羽衣駅。

駅は、鳳駅と東羽衣駅の2駅のみで、距離は1.7km。

和田岬線の2.7kmより短いです。

鳳~東羽衣間の所要時間は3分です。

鳳駅の羽衣線のりばは、5番のりば。

羽衣線で使用されている車両は、225系5100番台ワンマン。

以前、使用されていた103系の方向幕は「羽衣線」表記でしたが、現在の225系は「鳳」または「東羽衣」表記です。

列車の運転間隔は、6時台~21時台で14~15分です。

同じホームの向かい側に線路が敷設されていた痕跡があります。

以前は、6番のりばとして使用されていたそうです。

現在は廃止。線路は撤去され、ホームに柵が設置されています。

左側が5番のりば、右側が廃止された旧6番のりば

東羽衣駅のホームと駅舎

東羽衣駅のホームです。

アイスクリームと飲み物の自動販売機
雨漏りするらしい
終着駅なので車止め
仮車止? 最終仮想信号機?

線路の両側にホームがありますが、片側のホームは廃止となりました。

以前は北側が乗車用ホーム、南側が降車用ホームと分かれていましたが、降車用ホームが廃止されました。

訪問した日は、廃止になった降車用ホームの柵が倒れていました。

台風の影響でしょう。現在は、どうなっているのでしょうか?

右側は廃止されたホーム
左側は廃止されたホーム
ホームが延長されている
柵が倒れたままです

ホームが3階で改札は2階。出入口は1階になります。

無人駅ではありませんが、駅員不在の時間帯があります。

これは、おおさか東線も同じ。

訪問した時は駅員がいました。

旧降車ホームへの通路は封鎖されています。

トイレの奥が閉鎖された旧降車ホームへの通路

東羽衣駅の駅周辺

東羽衣駅の駅周辺は、特にこれといったものはありませんが、近くにホテルがあります。→ホテルルートイン大阪高石−羽衣駅前−

また、南海・羽衣駅が目の前にあります。

訪問日は駅前が工事中でしたが、2019年8月24日、JR東羽衣駅と南海・羽衣駅とを2階部分で結ぶ通路が完成しました。

駅前にホテルあり
ホームからもホテルが見える

さいごに

羽衣線と東羽衣駅についてでした。

JR線全線完乗を目指す旅の一環として羽衣線に乗車、そして終着駅の東羽衣駅へ行きました。

阪和線の天王寺~和歌山間は乗車済みなので、今回、未乗区間の阪和線・東羽衣支線に乗車で阪和線全線完乗しました。

東羽衣駅のホームは、なかなか味のあるホームでした。

2016年に片側のホームが廃止、閉鎖され、足を踏み入れることができなかったのが残念でした。

(訪問:2018年9月)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ライフへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました