東海道線(在来線)経由の乗車券で新幹線に乗れるはずなのに、車内検札できっぷの経由が間違えてると言われた話【追記あり】

鉄道の旅

新幹線の指定席での車内検札がまだあった頃、経由が東海道線(在来線)の乗車券で東海道新幹線に乗りました。

きっぷ購入の際、「在来線経由になってますが新幹線に乗れます」と言われましたし、JRの規則でも在来線経由の乗車券で新幹線乗車可能となっています。

しかし、いざ新幹線に乗ったら、車内検札で「きっぷの経由が間違っています」と言われ、乗車券を変更されました。

JR西日本のみどりの窓口で「乗車券の経由は在来線ですが新幹線に乗れます」

数年前のある日、大阪から札幌まで寝台列車の旅をしました。

行きはトワイライトエクスプレス、帰りは北斗星+新幹線。

きっぷの発券のため、JR西日本・大阪駅のみどりの窓口へ行きました。

乗車券は、現在は廃止された周遊きっぷを利用。

ゆき:大阪市内→中小国、ゾーン券:札幌・道南ゾーン、かえり:中小国→大阪市内

という周遊きっぷを作ってもらいました。

帰りは、東京から新大阪まで新幹線利用と伝えましたが、発券されたきっぷには、

経由:津軽・青森・目時・盛岡・東北・東海道

とありました。

係員と一緒に確認の際、「経由は在来線ですが、これで新幹線に乗れます」と説明を受けました。

周遊きっぷ(ゆき)大阪市内→中小国
今は廃止された周遊きっぷ(3枚1組)
周遊きっぷ(ゾーン券)札幌・道南ゾーン
周遊きっぷ(かえり)中小国→大阪市内 経由が東海道になっている
経由が東海道線(在来線)

JR西日本とJR東海のHPに「在来線経由の乗車券で新幹線に乗れる」

在来線経由の乗車券で新幹線に乗れることを確認します。

新幹線と在来線が並行する区間の特例として、JRのきっぷのルールに以下のように記載されています。

新幹線と在来線が並行する区間の特例

新幹線と在来線が並行している区間では、同じ線として営業キロ等の計算をします。
・東海道・山陽新幹線:東海道本線・山陽本線・鹿児島本線

JR西日本>https://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/normal_tickets/special_provisions05.html
JR東海>https://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/rule15.html

また、JR西日本とJR東海のHPのFAQに以下の記載があります。

東海道・山陽新幹線については、新下関~博多間以外の区間では、新幹線経由の普通乗車券で、平行する在来線(東海道本線・山陽本線)乗車することができます。また、在来線経由の普通乗車券で新幹線に乗車することができます。

JR西日本>https://faq.jr-odekake.net/faq_detail.html?id=3975&category=116&page=1

東海道・山陽新幹線の東京~新下関間は、原則として、東海道本線・山陽本線と同じ線として取り扱うこととしており、新幹線経由と記載された乗車券であっても、東海道線経由と記載された乗車券であっても、同じ乗車券として取り扱います。

JR東海>https://faq.jr-central.co.jp/detail/faq000056.html

つまり、東京~新大阪間は、

  • 東海道新幹線と東海道本線(在来線)を同じ線として扱う
  • 経由が新幹線でも東海道線(在来線)でも同じ乗車券として扱う
  • 経由が新幹線・東海道線(在来線)どちらの乗車券でも新幹線・在来線のどちらにも乗れる

ということです。

JR西日本もJR東海も同じことを言っています。

新幹線の車内検札で「きっぷに間違いがある」と変更された

経由が東海道線と記載された乗車券を持って、東京駅から東海道新幹線のぞみに乗車しました。

しばらくして車内検札がありました。

今は指定席での車内検札はなくなりましたが、このときはありました。

若い車掌が、私の持っていた乗車券をまじまじと眺め、考え込み、首をひねっていました。

そのときは特に何を言われるでもなく、私の検札は終わりました。

車掌は腑に落ちない雰囲気を出していましたが。

しばらく後、同じ車掌が戻ってきて、

車掌「さきほどの乗車券に間違いがありました。」

車掌「経由が間違っているので、正しいきっぷに変更します。」

車掌「金額は変わりません。」

と言い、結局、きっぷを変更されました。

車掌「行きは何も言われませんでしたか?」

私「行きは新幹線を使っていないので。」

車掌「トワイライトですか?」

私「はい、そうです。」

そんなやりとりがあって、経由が東海道線から東京・新幹線・新大阪に変更されたきっぷを渡されました。

経由が変更された乗車券
新幹線車内で発券された乗車券
経由が変更された乗車券(原券の表示)
変更前の内容
経由が変更された乗車券(変更後)
変更後の内容

さいごに/変更する必要のないきっぷを変更された

経由が東海道線(在来線)の乗車券で東海道新幹線に乗車できるはずなのに、新幹線の車内検札で間違えてると言われ、きっぷを変更・再発券された話でした。

結果的に、変更する必要のないきっぷを変更されたことになります。

値段が変わるわけではないので、別にどちらでもいいんですが。

若い車掌だったので、詳しいこと、細かいことをあまり知らなかったのかな?と思いました。

でも、経由が東海道線の乗車券で新幹線乗車は、よくありそうなケースだと思うんですがね。

車掌がJR東海の人なので、全線がJR東海管轄の新幹線経由のきっぷにしたかったのかな?と勝手に思ったりもしました。

【追記】周遊きっぷでは東海道新幹線と東海道本線を別の線として扱う

この記事について、以下のコメントをいただきました。

周遊券のアプローチ券は、東海道線のみ幹在を分けていた筈です。
よって正当な発券な気がします…(東北新幹線は幹在を同線扱いしていました。)

そこで、改めて調べてみると、周遊きっぷでは「東海道新幹線東海道本線別の路線として扱う」とありました。

つまり、経路が東海道線の周遊きっぷでは東海道新幹線に乗れないし、また(東海道)新幹線経由の周遊きっぷでも東海道本線に乗れないということです。

ということは、JR西日本のみどりの窓口の係員が間違っていて、JR東海の新幹線の車掌が正しかったのですね。

勉強になりました。

※周遊きっぷは、すでに廃止されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ライフへ

コメント

  1. やー より:

    周遊券のアプローチ券は、東海道線のみ幹在を分けていた筈です。
    よって正当な発券な気がします…(東北新幹線は幹在を同線扱いしていました。)

    • ほりのすけ ほりのすけ より:

      なるほど。そういうルールがあったのですね。ということは、JR西日本の係員のほうが間違っていたのですね。

タイトルとURLをコピーしました