青春18きっぷを大阪から日帰りで使うとき、どこまで行けば元が取れるのか?

大阪駅 鉄道の旅

青春18きっぷとは、「JR線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷ」です。

JR全線乗り放題のきっぷでお得ですが、うまく計画的に使わないと損するかもしれないので要注意です。

そこで、この記事では、大阪から日帰りで青春18きっぷを使ったとき、どこまで行けば元が取れるのか?について書いています。

青春18きっぷの元を取るには

青春18きっぷ

青春18きっぷの値段は12,050円(2020年現在)です。

5回分で12,050円なので、1回分は2,410円。

1日で2,410円以上の区間を利用すれば、青春18きっぷの元が取れます。

日帰りのときは、往復で2,410円以上の区間を利用すればよいので、単純計算で片道1,205円(2,410円÷2=1,205円)以上の区間を利用すれば、青春18きっぷの元が取れる計算になります。

大阪から日帰りで青春18きっぷの元が取れる区間

大阪駅から乗車する場合、日帰りで青春18きっぷの元を取るには、片道1,340円(電車特定区間は1,270円)以上の区間を利用すればよいことになります。

では実際に、大阪駅からどの駅まで行けば、日帰りで青春18きっぷの元が取れるのかを調べてみました。

created by Rinker
京阪神エルマガジン社
¥968 (2020/09/23 23:37:19時点 Amazon調べ-詳細)

大阪駅から日帰りで青春18きっぷの元が取れる駅

大阪駅から日帰りで青春18きっぷの元が取れる駅(大阪駅からの運賃が1,270円または1,340円となる駅)は以下の通りです。

  • 野洲駅:東海道本線(JR京都線)
  • 和邇(わに)駅:湖西線
  • 八木駅:山陰本線(嵯峨野線)
  • 石部駅:草津線
  • 月ヶ瀬駅:関西本線
  • 紀伊中ノ島駅:阪和線
  • 隅田(すだ)駅:和歌山線
  • 加古川駅:山陽本線(JR神戸線)
  • 下滝駅:福知山線

最低でも、これらの駅まで行けば、大阪駅から日帰りで青春18きっぷ1回分の元が取れます。

さいごに

大阪から日帰りで青春18きっぷを使うときに、どこまで行けば元が取れるかについてでした。

大阪駅から青春18きっぷを使うときは、上に書いた駅より遠い駅まで行けば、往復で2,410円以上となるので、日帰りだと元が取れます。

ただし、大阪府内の駅でも乗車開始駅によっては、上に書いた駅の区間でも往復2,410円未満となることがあるので、注意が必要です。

その時は、さらに先の駅を目指しましょう。

この記事が、大阪駅から日帰りで青春18きっぷを使うときの参考になれば幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ライフへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました