気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

鉄道の旅

青函トンネル記念館、青函トンネル入口広場、階段国道を巡る旅を計画しています。

投稿日:2017年6月3日 更新日:

青函トンネル記念館は青森と北海道の両方にあります。
北海道の方は、まだ行ったことがないので、行こうと思っています。

青森の方は、以前、竜飛海底駅見学ツアーで一度訪れたことがあります。
が、体験坑道の展示エリアをじっくり見ることができなかったのと、雨で外をブラブラできなかったので、もう一度行ってみたいと思っています。
青函トンネル入口広場は、青函トンネルの入口を一望できるスポットです。
よく写真で見るトンネルから列車が出てくる様子を実際に見てみたいです。

階段国道は、龍飛崎を通る国道です。
国道ですが、階段になっていて、車が通行できない国道です。
ここも実際にこの目で見てみたいです。

現在、JR線全線完乗という目標を掲げていまして、未乗区間をぼちぼち乗りつぶしているところです。この旅で、津軽線完乗を目指します。
この旅のおおまかな旅程は、

1日目は、新大阪から新幹線と在来線を乗り継いで函館まで行きます。
朝から夕方まで列車に乗りっぱなしです。函館には2泊します。

2日目は、函館から道南いさりび鉄道で木古内まで行き、木古内駅前からバスに乗って青函トンネル記念館まで行きます。
青函トンネル記念館を見学して、来たときと同じルートで函館へ戻ります。

3日目は、函館から在来線と新幹線を乗り継いで奥津軽いまべつまで行きます。
隣接する津軽二股駅から津軽線で三厩駅へ、そこからバスで青函トンネル記念館へ行きます。
青函トンネル記念館を見学、その後、階段国道を訪問。
この日は竜飛のホテルに宿泊します。

4日目は、バスで三厩駅へ。三厩駅から津軽線で津軽浜名駅へ。
津軽浜名駅から徒歩で青函トンネル入口広場へ行きます。
見学後、津軽浜名駅から津軽線で青森駅へ。青森で1泊。

5日目は、午前中はとくに予定がないので、八甲田丸の見学でもしましょうかね。青森から在来線と新幹線を乗り継いて新大阪まで帰ります。

旅は5日間の予定です。

【追記】
行って来ました。↓

東北北海道新幹線はやぶさグランクラス

道南いさりび鉄道と福島町青函トンネル記念館

青函トンネル記念館と階段国道

青函トンネル入口広場と三厩駅

八甲田丸

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-鉄道の旅

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ますのすしを特急列車の車内で食べました。

富山のますのすしを特急「北越」の車内で食べました。 2010年4月、北陸新幹線が開業する5年前、新潟から金沢へ向かう特急「北越」の車内販売で買いました。 ますのすしは一度も食べたことがなく、以前から気 …

北海道大学~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(8)

函館から札幌へ~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(7) 旅の最後は、北海道大学へ行きました。 北大植物園は一度行ったことがありましたが、大学は初めてでした。 北大正門。 北大は、学生だけ …

山梨県立リニア見学センター

山梨県立リニア見学センターへ行きました。 大月駅から富士急山梨バスで15分。 最近は、ほとんどのバスでICOCA(交通系ICカード)が使えるので大変便利です。 こちらは富士急の大月駅。 山梨県立リニア …

龍飛崎温泉 ホテル竜飛

龍飛崎温泉 ホテル竜飛(楽天トラベル) 龍飛崎温泉 ホテル竜飛(じゃらんnet) 龍飛崎温泉ホテル竜飛(宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」)   ホテル竜飛は、青函トンネル記念館、青函トン …

門司港で焼きカレー

初めて門司港へ行ったとき、街のあちこちで「焼きカレー」と書かれたのぼりを目にしました。 「焼きカレー」ってなに??? という疑問を抱いたまま、結局、食べずに帰ってきました。 調べてみますと、「焼きカレ …

Google




amazon

ブログランキング

最近のコメント