駅舎が民宿で知られる比羅夫駅へ行ってきた

鉄道の旅

函館本線の比羅夫駅へ行きました。

行ったのは2017年8月。

比羅夫駅は駅舎が民宿ということで知られています。

また「しま太郎」という名前の人懐っこい駅猫がいることでも知られていました。

比羅夫駅について

比羅夫駅は、函館本線(JR北海道)の駅です。

単式ホームの1面1線。駅舎はありますが、無人駅です。

で、この駅舎が実は民宿なのです。

比羅夫駅駅舎
比羅夫駅駅舎
比羅夫駅ホーム
比羅夫駅ホーム
比羅夫駅駅名標
比羅夫駅ホーム 端からの眺め
ホーム端からの眺め
比羅夫駅ホーム 端からの眺め
ホーム端からの眺め

駅舎が民宿の比羅夫駅

この民宿は「駅の宿ひらふ」といいます。

駅の事務室と宿直室を改造して民宿にしています。

オープンは1987年8月。

基本的に相部屋なので、人が苦手な自分にはちょっと無理です。

なので、ここには宿泊しませんでした。

宿泊客が自分一人だけなら泊ってもよいと思うんですが。

スキーロッジという感じでしょうか。

人との交流が好きな方なら大丈夫かと思います。

駅舎の部屋のほかに、ログハウスがありました。

【予約】楽天トラベル→ 駅の宿 ひらふ

【予約】じゃらん→ 駅の宿ひらふ

比羅夫駅駅舎 2階部分は客室
駅舎の2階は客室
駅の宿ひらふ ログハウス
ログハウスがあります
駅舎内待合室
駅舎内の待合室
待合室内に駅の宿ひらふの出入口
待合室の中に「駅の宿ひらふ」の出入口
比羅夫駅駅舎内の待合室
駅舎内待合室
比羅夫駅駅舎
比羅夫駅駅舎

比羅夫駅の猫には会えなかった

比羅夫駅には「しま太郎」という名前の猫がいました。

2003年6月にどこからかやってきて駅に住み着いたとのこと。

別に宿のオーナーの飼い猫というわけではなさそうです。

この猫「しま太郎」は、とても人懐っこく、誰の膝の上にも乗るそうです。

駅に来た人に自分から寄って行くので、かなりの人気者だったようです。

そんなに人懐っこいなら、一度、会いに行きたいなと思っていました。

ところが残念なことに、2013年11月、猫の「しま太郎」は死んでしまいました。

結局、猫の「しま太郎」に会うことはできませんでした。

比羅夫駅周辺は時間を潰せるような場所はなし

比羅夫駅の周りは、民家が2~3件あるだけで、他に何もありません。

別の表現をすると、自然がいっぱいです。

列車の待ち時間が2時間あったので、ホームと駅舎を見学したあと、自然の中を散策しました。

道路沿いをひたすら歩き、橋の上から川を眺めて時間を潰しました。

猫がいたら、猫を眺めているうちに時間がたつのにと思いながら。

駅のホームからスキー場が見えます。

アンヌプリスキー場でしょうか? ひらふスキー場でしょうか?

スキー客の利用もあるようです。

踏切からの眺め
踏切からの眺め
比羅夫駅ホームから見えるスキー場
比羅夫駅ホームから見えるスキー場、リフトの柱が見えます

さいごに

駅舎が民宿の北海道・函館本線の比羅夫駅へ行きました。

民宿「駅の宿ひらふ」に宿泊しませんでしたが、実際にどんな感じなのか外からだけでも見ることができました。

ただ、猫の「しま太郎」に会えなかったのは残念でした。

(訪問:2017年8月)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ライフへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました