ICOCAポイントは人によってはJ-WESTポイントよりお得になる

ブログ

前回、ICOCAポイントが新設されてJ-WESTポイントが貯まりにくくなったという記事を書きました。

ICOCAポイント新設でJ-WESTポイントが貯まりにくくなった

ところが先日、10月分のICOCAポイントをスマートICOCAにポイントチャージしたところ、440円チャージされました。

J-WESTポイントのときは、列車利用のポイントは1ヶ月に数10ポイントしか貯まらなかったのに、ICOCAポイントが440ポイント。

これはもしかしたら、ICOCAポイントはJ-WESTポイントのときよりも、お得になるかも!?

と思いました。

ICOCAポイントサービスとは(JRおでかけネット)

列車利用で貯まるICOCAポイントは2種類

列車利用で貯まるICOCAポイントは、以下の2種類。

もちろん、JR西日本のICOCAエリア内に限ります。

1.時間帯指定ポイント

時間指定ポイント適用区間が34グループ設定されています。

時間帯指定ポイント適用区間(JRおでかけネット)

時間帯指定の時間というのは、平日の10時~17時の間に入場または出場した場合の利用と、土休日の終日(始発列車から最終列車まで)の利用です。

適用区間は、JR京都線JR神戸線JR宝塚線

1ヶ月間(1日~末日)のグループごとの4回目以降の利用1回ごとに、運賃の50%または30%のポイントが貯まります。

この区間、私は1ヶ月に4回も利用しません。

なので、私個人的にはメリットはありません。

2.利用回数ポイント

1ヶ月間(1日~末日)の同一運賃区間の11回目以降の利用1回ごとに、運賃の10%のポイントが貯まります。

JR西日本のICOCAエリア内の駅相互間の利用が、利用回数ポイントの計算対象となります。

ICOCAポイントサービス対象エリア(JRおでかけネット)

5往復で10回の利用、11回目ということは6往復目の往路からカウント。

週に2回ほどジムに通っているのと、ジム以外にも同一運賃区間の利用はたびたびあるので、6往復以上はしています。

2018年10月の利用分は440ポイントでした。

J-WESTポイント時代は利用額の0.5%でした。

2018年10月の列車利用分をJ-WESTポイントに換算すると36ポイント、400ポイント以上お得でした。

1ヶ月に6往復以上、同じ区間を列車利用する人はICOCAポイントが貯まる

5往復までしか同一運賃区間を利用しない場合はICOCAポイントはカウントされません。

1ヶ月に6往復以上、定期的に同一運賃区間を列車利用する人はICOCAポイントが貯まるので、お得になります。

ICOCAポイントサービスを利用するには登録が必要です。

ただし、スマートICOCAは登録不要。

ICOCA利用者も登録しておけば、お得になるかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました