気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

駅・路線

夕張支線が廃止になる前に夕張駅と石炭博物館へ行きました。

投稿日:2018年6月19日 更新日:

夕張駅と石炭博物館へ行きました。

行ったのは2016年9月。

このときすでに一部区間の廃止が決まっていた留萌本線乗車のついでに、いずれ廃止になるという話が出ていた石勝線夕張支線(新夕張-夕張)も乗っておこうと思い、乗車することにしました。

増毛駅と夕張駅を訪ねる旅

結局、石勝線夕張支線は2019年3月末での廃止が決定しました。

 

夕張駅

夕張駅。






ホームから続く駅舎の扉は締切になっていました。

夕張駅の駅舎です。

駅舎内の様子です。

駅舎内に観光案内センターがありますが、閉まってました。
開いてる時間帯もありましたが。

駅前には、ホテルマウントレースイとマウントレースイスキー場があります。


 

石炭博物館

石炭博物館まで歩いて行きました。
2kmほどなので、十分歩いて行ける距離だなと。
夕張駅にはコインロッカーがないため、コロコロバッグを引きながら。
だいたい30分くらいでしょうか。

この一帯は石炭の歴史村という施設だったらしいです。

化石展示館。
あとで見に行こうと思ったら閉まってました。

というか、周辺はほとんど廃墟でした。

石炭博物館。





石炭の歴史村施設内の写真をほとんど撮ってなかったので、今思うと撮っておけばよかったと思いました。
SL館というのもあったらしいです。
そういえば、プラットホームの跡みたいのはあったような気がします。

 

夕張駅から石炭博物館までの道中

夕張駅周辺から石炭博物館まで歩きましたが、やはりというか、あたりは閑散としていて寂れた感じでした。

キネマ街道というのが、ありました。

花畑牧場は営業していた様子。


夕張駅は現在3代目。
初代は石炭の歴史村の入口あたり、2代目は夕張市役所のあたり、らしいです。

このときは、目的が夕張支線乗車と現在の夕張駅舎と石炭博物館だったので、初代と2代目の夕張駅跡は頭にありませんでした。
すぐ近くを通り過ぎたのに。

 

廃止になる前にもう一度

夕張支線が2019年3月末で廃止になるので、それまでにもう一度、夕張を訪問してみたいと思います。

初代と2代目の夕張駅跡+廃墟と化した石炭の歴史村一帯を見に行きたいです。
写真も撮っておきたい。

石炭博物館へも、もう一度行きたいです。
行ったときは一部改装中でしたが、2018年4月リニューアルオープンしました。

このときは、コロコロバッグを転がしながらで、あまり動けなかったので、次に行くときは近くのホテルに泊まるとか身軽な状態で行けるように考えます。

(2016年9月訪問)

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 







-駅・路線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

門司港駅

門司港駅駅舎は現在工事中です。 平成31年完了予定だそうです。 これは工事が始まる3年ほど前に行ったときのものです。 電車を降りると、なんとも懐かしさを感じるホームです。 現在はホームもかさ上げされて …

赤川鉄橋(平成25年訪問)

前回訪問から5年後、再び赤川鉄橋を訪れました。 赤川鉄橋(平成20年訪問) 人道橋が「おおさか東線」整備のため、平成25年10月末に閉鎖されるとのことで、閉鎖される前に見に行きました。 右側が鉄道橋、 …

鶴見線 海芝浦駅

鶴見線、海芝浦駅。 ホームが海に面している非常に珍しい駅です。 また、東芝の社員や関係者でないと駅の外へ出ることができない駅として知られています。 しかし、たいへん眺めがよいので、一般客もよく訪れると …

札沼線に乗りましたが新十津川まで行けず。

札沼線に乗りました。 札沼線 起点:桑園、終点:新十津川。 このうち乗車したのは桑園-浦臼間。 浦臼-新十津川間は1日1往復。 札幌駅に着いた時点で、浦臼-新十津川間は、すでに最終列車が行ったあと。 …

肥薩おれんじ鉄道 阿久根駅(駅舎リニューアル前)

肥薩おれんじ鉄道の阿久根駅へ行きました。 鹿児島県阿久根市は母親の故郷で、高校1年まで毎年のように夏休みに行っておりました。 平成23年12月、何十年ぶりに阿久根へ行きました。 このときは、駅舎がまだ …

Google




amazon

ブログランキング

最近のコメント