ますのすしを特急列車の車内で食べました。

鉄道の旅

富山のますのすしを特急「北越」の車内で食べました。

2010年4月、北陸新幹線が開業する5年前、新潟から金沢へ向かう特急「北越」の車内販売で買いました。

ますのすしは一度も食べたことがなく、以前から気になっていましたので。

富山を過ぎたあたりで、ますのすしの車内販売がありました。

買ったものの、いざ食べようとすると、これがまたひと苦労。

まず、このフタをあけるのが大変でした。
竹を押さえているゴムを外すと、竹が隣の席の方まで飛んでいってしまいました。

やっとフタを取ることができたと思ったら、今度は、、

食べやすい大きさに切るのですが、切ったものがくっついてしまって、なかなか箸でとれない。

おまけに、葉っぱがだんだん邪魔になってくる。

終点の金沢まで30分ちょっと。

ふつうの弁当だったら、15分くらいで食べ終わるのですが、このますのすしは、口に入れるまでがなかなか大変で、金沢に着くまでに食べ終わることができるのか、ひやひやしました。

ますのすしは、車内で食べるのには、あまり向いていないような気がしました。

どちらかといえば、おみやげ用かなと個人的に思いました。

(2010年4月撮影)

created by Rinker
ますのすし本舗 源

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました