寝台特急 富士・はやぶさを見るために門司駅へ行ってきた

寝台列車

寝台特急「富士・はやぶさ」(平成21年3月廃止)を見るために、門司駅へ行きました。

本当は乗りたかったのですが、すでに廃止が決まっていたことと、個室B寝台ソロにこだわったために、きっぷを取ることができず乗れませんでした。

みどりの窓口で問い合わせたときに、A個室や開放B寝台の空きを確認できたときもありましたが、結局それらはパスしました。

今となってはA個室を確保しておけばよかったと思うのでありますが。。

そこで、この目で見て写真に収めようと思い、門司駅に行きました。

1月だったので、雪が積もっていました。

ホームにはカメラを持った人が数人ちらほらといました。

富士・はやぶさ号が入線してきました。

機関車は、関門トンネル用のEF81-410。
ステンレスの銀色の機関車を期待していたのですが、赤色でした。

列車が到着すると乗客がいっせいに降りてきて、急に人口密度が高くなりました。

結局、乗ることのなかった、はやぶさ。

3回、きっぷの購入を試みたBソロ。

車内に入って写真を撮ろうかと思いましたが、やめておきました。

富士と切り離され、熊本に向かうはやぶさ。

生まれてはじめて見た富士。

富士を牽引するED76-66が入線してきました。

人がいっぱいで、なかなか思うように写真が撮れませんでしたが、

なんとか撮ることができました。

大分に向かって、富士が出発しました。

最後まで乗ることはできませんでしたが、廃止前に見ることができてよかったと思います。

(平成21年1月撮影)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました