気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

寝台列車

九州寝台特急の思い出

投稿日:2018年1月24日 更新日:

私の親の実家が鹿児島ということもあり、子どもの頃は毎年、夏休みになると寝台列車で鹿児島へ行っていました。

利用していたのは、きりしま(581系)、明星(581系、24系25形)、一度だけ、あかつき(たぶん20系だったと思う)を利用したことがあります。

一番古い記憶に残っている寝台列車は、きりしま(581系)です。

きりしまは、1970年(昭和45年)10月に登場。
運転区間は京都~西鹿児島間(鹿児島本線経由)。
1975年(昭和50年)3月に廃止となりました。

きりしまは、朝、係の人が来て、走行中に寝台を解体して座席をセットするという作業をしていました。
その光景を興味深く見ていた記憶があります。

きりしまは1975年に廃止になったので、その後は、明星を利用していました。

明星は、581系電車3段式寝台と、24系25型客車2段式寝台がありました。
どちらも乗ったことがあります。

24系25型は、EF58が牽引していました。
九州では、ED76が牽引していました。

下関と門司での電気機関車の付け替えは、一度も見たことがありませんでした。

ちょうど深夜で、起きていようと思っても、寝台で横になっていたら、どうしても眠ってしまいます。子どもでしたから。。。

その代わり、熊本での列車の連結、切り離し作業は見たことがあります。
子どもだったので、車掌さんに「おもしろかね?」と鹿児島弁で声をかけられたのを覚えています。

客車列車は、発車するときのショックが、なんともいえません。

はるか昔、581系の上段寝台に、母親と私と妹と3人で寝たことがあります。

これは、かなりキツかった。。。

寝台のサイズは、長さ×幅×高さ=190×70×68(cm)となっていますが、高さ68cmというのは、通路側の一番高い部分であって、上段は屋根がカーブになっているので、窓側へ行くほど、だんだん天井が低くなっていきます。

こんなところへ、大人1人、子ども2人の計3人は、窮屈この上なかったです。
当時、妹は幼児で無料だったので、こういうきっぷの取り方をしたのでしょうけど。。

そんなこともあり、きりしまだったか、明星だったか忘れましたが、こちらは上段寝台しか予約が取れず、その代わり、あかつきは下段が取れたので、どちらがよいか?と尋ねられ、あかつきを選びました。

しかし、子どもだったとはいえ、52cmの寝台幅は、たいへん狭く感じました。

明星4号のきっぷ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-寝台列車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

寝台特急サンライズ初乗車(1)

寝台特急サンライズの初乗車は、サンライズ瀬戸のシングル。 乗車日は平成22年2月19日、乗車区間は岡山→東京でした。 きっぷは、乗車1ヶ月前の15時頃に、大阪駅の中央みどりの窓口で購入しました。 B個 …

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(2)

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(1)からのつづきです。 トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(1) やがて、五稜郭駅に運転停車。 ここで機関車の交換、そして、進行方向が変わります。 五稜 …

北斗星(ソロ)に乗りました。~きっぷ取得編~

今回は、北斗星(ソロ)のきっぷ取得についてです。 北斗星(ソロ)に乗りました。(1) 北斗星(ソロ)に乗りました。(2) 発売開始日の当日は仕事のため、10時打ちができませんでした。 なので、勤務終了 …

寝台特急トワイライトエクスプレス全車両の改造前の形式・車番

大阪-札幌間を結んでいた寝台特急トワイライトエクスプレス(2015年3月廃止)。 トワイライトエクスプレスに使用されていた車両は新造されたものではなく、ブルートレインとして使用されていた客車や特急電車 …

富士・はやぶさを見るために門司駅へ

寝台特急「富士・はやぶさ」(平成21年3月廃止)を見るために、門司駅へ行きました。 本当は乗りたかったのですが、すでに廃止が決まっていたことと、個室B寝台ソロにこだわったために、きっぷを取ることができ …

Google




amazon

宿泊サイト

ブログランキング

最近のコメント