気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を書いています。

寝台列車

寝台特急トワイライトエクスプレス1号車1番・展望スイート乗車記(2)

投稿日:2017年12月25日 更新日:

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(1)からのつづきです。

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(1)

やがて、五稜郭駅に運転停車。

ここで機関車の交換、そして、進行方向が変わります。

五稜郭から青森までは、1号車が最後尾となります。

しかし、外は、もう真っ暗で、景色は見えませんでした。。

青函トンネル。この眺めを満喫できるのも、展望スイートの特権です。

ソファのひとつをベッド仕様にしてみました。

もうひとつのソファを並べると、補助ベッドになります。

まもなく青森駅に到着。
画質はともかく、なんとかEF81を写真に収めることができました。

そして、青森駅到着。

遠くに先ほどのEF81のヘッドライトが見えます。

だんだん近づいてきます。


連結。

再び1号車が先頭になりました。

展望室とベッドルームの間にあるカーテンを閉めてみました。

この後は、パブタイムにも行かず、ベッドで横になりました。

が、気持ち悪くなるほど揺れがひどくて、なかなか寝付けませんでした。。。

そして朝、目覚めますと、窓は錆だらけでした。。。

モーニングコーヒーが届きました。

それにしても、ものすごい錆です。
パンタグラフからの錆が雨水と一緒に降ってきます。

ベッドとシャワールームの間にゴミ箱とコンセントがあります。

トワイライトのアメニティセット。

ふたつとも持って帰ろうと思いましたが、未使用分ひとつは列車に置いてきました。

朝食のために食堂車ダイナープレヤデスへ行きました。
乗車してから初めて部屋を出ました。

これまでは、和食と洋食のどちらかを選ぶスタイルでしたが、平成25年4月よりこちらのスタイルに変わりました。




朝食を終え、部屋に戻ってから2時間ほどで敦賀に到着。
敦賀駅では機関車の交換があります。

いつもはホームに出て、その様子を見るのですが、今回は車内からの見学です。

が、窓が錆だらけのため、よく見えませんでした。。。

この日は、湖西線強風のため、米原経由に変更となりました。

車掌から乗車証明書をもらいました。

車窓からは、だんだん見慣れた景色が。。。

定刻より15分ほど遅れて大阪駅に到着しました。

トワイライトエクスプレスには10回以上乗りましたが、このとき初めてスイートに乗車しました。
スイートの豪華さと広さに、なんとなくソワソワして最後まで気分が落ち着きませんでした。

次にスイートに乗ることがあれば、その時は落ち着けますでしょうか!?

などと考えていましたが、その後、廃止の発表があり、もともと取るのが難しいきっぷがさらに取るのが難しくなり、結局、この展望スイート乗車がトワイライトエクスプレスの乗り納めとなりました。

 

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(1)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-寝台列車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

寝台特急「日本海」の開放式A寝台オロネ24

生まれて初めてのA寝台乗車は寝台特急「日本海」(平成24年3月廃止)の開放式A寝台オロネ24でした。 乗車日は、平成20年9月2日、乗車区間は青森→大阪。 解放式A寝台の下段だったので、大きな窓を独り …

寝台特急トワイライトエクスプレス・ロイヤル初乗車

トワイライトエクスプレス(平成27年3月廃止)のロイヤルに乗りました。 乗車日は平成22年7月、乗車区間は大阪→札幌。 初めてのロイヤル乗車でした。 寝台券は、インターネットのトワイライトエクスプレス …

寝台特急サンライズ瀬戸シングルデラックスに乗って四国鉄道文化館に行ってきた

サンライズ瀬戸に乗りました。 サンライズは何度か乗りましたが、ほとんど大阪から東京まで。 昔の急行「銀河」のような使い方をしていました。 サンライズを始発駅から終着駅まで乗るという目標がありましたので …

20系ブルートレイン

初代ブルートレイン20系「あさかぜ」が「動くホテル」と呼ばれた理由

日本で最初のブルートレイン、寝台特急「あさかぜ」は「動くホテル」と呼ばれていました。 ただ、20系客車のB寝台の寝台幅は52cmと狭く、しかも3段寝台で一人当たりのスペースがものすごく窮屈です。 そん …

寝台特急「北陸」で個室寝台に初めて乗車した話

寝台特急の開放式B寝台は、昔々、子供の頃によく乗っていました。 その当時、A寝台の個室はありましたが、B寝台の個室はありませんでした。 B寝台の個室が登場後も長らく乗ることがありませんでした。 そこで …