気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

駅・路線

函館本線乗りつぶし

投稿日:2017年9月3日 更新日:

寝台列車が徐々になくなりつつある頃に、なくなる前に乗っておこうということで、寝台列車の旅をメインに鉄道旅をしていました。

サンライズ瀬戸・出雲を除いて寝台列車が全廃となった今、JR全線完乗を新たな鉄道旅の目標としました。

今回は函館本線。

函館本線(函館~旭川)【完乗】

函館本線の初乗車は2008年の五稜郭-函館。
青春18きっぷを利用して木古内から函館まで普通列車に乗りました。
木古内~五稜郭は江差線(現・道南いさりび鉄道)、五稜郭~函館は函館本線です。

トワイライトエクスプレスで五稜郭~札幌間を乗車しましたが、このうち函館本線は五稜郭~長万部、白石~札幌です。
長万部~沼ノ端は室蘭本線、沼ノ端~白石は千歳線です。

函館から札幌・小樽方面へ行くには、ほとんどの場合、長万部から室蘭本線、千歳線経由です。
特急列車もすべてこの経路です。

函館から長万部を経由して倶知安・小樽方面へ行く直通列車はありません。

函館本線で函館-長万部-倶知安-小樽-札幌という経路で乗車するのは、長万部-倶知安-小樽の間のどこかの駅で降りる必要のある人か鉄道好きの人くらいだと思われます。
この区間は普通列車だけです。

札幌-小樽は、トワイライトエクスプレス乗車からの快速エアポートだったか普通列車だったか忘れましたが、2010年7月に初乗車しました。

白石-旭川は、2013年9月、札幌から網走行きの特急列車で乗車しました。

函館本線の乗車区間は函館-長万部、小樽-旭川で、長万部-小樽間は長らく未乗区間でした。

先日、青春18きっぷを利用して函館本線の未乗区間、小樽-長万部を乗車しましたので、函館本線全線完乗達成しました。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-駅・路線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

片町駅跡の写真を撮ってみた。

片町駅は、かつて片町線(学研都市線)の終点だった駅でした。 古くは浪速鉄道が始まりだそうです。 片町駅および片町線の京橋-片町間は、1997年(平成9年)3月、JR東西線(京橋-尼崎)開業に伴い廃止と …

姫路モノレール

その昔、姫路モノレールというのがあったそうです。 姫路駅-手柄山駅間の約1.6kmという非常に短い区間。 1966年開業、1974年休止、1979年廃止。 廃止後、長らく放置されていたらしいのですが、 …

途中下車するのに自動改札機を通れない新宿駅

JRの長距離きっぷは途中下車することができます。 途中下車するとき自動改札にきっぷを通せば改札の外へ出ることができます。 もちろん、きっぷもちゃんと出てきます。 ところが、途中下車できるきっぷでも自動 …

赤川鉄橋(平成27年訪問)

3度目の赤川鉄橋訪問は平成27年5月。 人道橋のあった場所は線路が敷かれ、こちら側をメインに使っているようでした。 元の線路は切断されています。 こんな車も。 おおさか東線北区間(新大阪~放出)の開業 …

埼京線と赤羽線を完乗しましたが混雑しすぎで二度と乗りたくない。

埼京線と赤羽線の完乗を目的とした旅をしました。 この2路線はまったくの未乗でした。 埼京線は東北新幹線に乗車した際、車窓から眺めていて、なんとなく気になっていました。 赤羽線は埼京線との直通列車があり …

Google




amazon

宿泊サイト

ブログランキング

最近のコメント