気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

駅・路線

青函トンネル入口広場と三厩駅

投稿日:2017年7月12日 更新日:

東北北海道新幹線はやぶさグランクラスで行く青函トンネル記念館と青函トンネル入口広場の旅。

旅の目的。
・はやぶさグランクラス乗車
・青函トンネル記念館の見学
・青函トンネル入口広場の見学
・階段国道訪問
・三厩駅訪問
・津軽線完乗

ホテルをチェックアウト後、バスで三厩駅へ。

そして、三厩駅からは徒歩で青函トンネル入口広場へ。

当初の計画では、津軽浜名駅から徒歩で青函トンネル入口広場へ行く予定でしたが、三厩駅からのほうが距離は遠いが、ややこしくないとの情報を得たので、三厩駅から行くことにしました。

確かに津軽浜名駅からだと何回も道を曲がらないといけないので、道を間違えたらとんでもないことになるなと思っていました。

その点、三厩駅からは道を曲がるのは2回だけ。

ということで、三厩駅から歩いて行きました。

三厩駅にはコインロッカーがないので、キャリーバッグを転がしながら。

いちおう道路に歩道はありましたが、雑草だらけで、とても歩けたものではありませんでした。

なので、車道の歩道寄りを歩きながら、車が来たら立ち止まったり歩道に避難したりして。

40分くらい歩いて青函トンネル入口広場に到着しました。

写真でしか見たことのない光景を実際に見ることができました。

新幹線や貨物列車が通過するのを見ながら時間を過ごしました。

青函トンネル入口広場には、2時間くらいいたでしょうか。
再び三厩駅に戻りました。

しばらく駅の周りを見学してから、駅の窓口できっぷを買いました。

三厩駅ではクレジットカードは使えないとのことで現金で購入。

列車の時間まで、かなり時間があったので、付近をブラブラしました。

あとになって、もう少し青函トンネル入口広場にいればよかったかなと。

三厩駅に列車が到着。

列車に乗り込むまでの時間、ホームをじっくり見学しました。

そして、蟹田行き普通列車に乗車。
蟹田駅到着。

津軽二股-三厩は前日に、青森-中小国はトワイライトエクスプレスや北斗星、白鳥などで何度も往復しているので、この時点で津軽線完乗達成しました。

蟹田駅で乗り換えて青森まで行きました。

この日は、青森駅前のホテルで宿泊しました。

津軽線は、また乗ってみたいです。
青森-三厩の往復で。

この旅の計画→青函トンネル記念館、青函トンネル入口広場、階段国道を巡る旅【計画編】

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-駅・路線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

大阪環状線、桜島線乗りつぶし

寝台列車が徐々になくなりつつある頃に、なくなる前に乗っておこうということで、寝台列車の旅をメインに鉄道旅をしていました。 サンライズ瀬戸・出雲を除いて寝台列車が全廃となった今、JR全線完乗を新たな鉄道 …

奥津軽いまべつ駅と津軽二股駅

奥津軽いまべつ駅と津軽二股駅。 ふたつの駅は隣接していますが、まったく別の駅です。 路線も違えば、会社も違います。 奥津軽いまべつ駅は北海道新幹線、JR北海道の駅 奥津軽いまべつ駅は北海道新幹線、JR …

夕張支線が廃止になる前に夕張駅と石炭博物館へ行きました。

夕張駅と石炭博物館へ行きました。 行ったのは2016年9月。 このときすでに一部区間の廃止が決まっていた留萌本線乗車のついでに、いずれ廃止になるという話が出ていた石勝線夕張支線(新夕張-夕張)も乗って …

埼京線と赤羽線を完乗しましたが混雑しすぎで二度と乗りたくない。

埼京線と赤羽線の完乗を目的とした旅をしました。 この2路線はまったくの未乗でした。 埼京線は東北新幹線に乗車した際、車窓から眺めていて、なんとなく気になっていました。 赤羽線は埼京線との直通列車があり …

東海道本線乗りつぶし

寝台列車が徐々になくなりつつある頃に、なくなる前に乗っておこうということで、寝台列車の旅をメインに鉄道旅をしていました。 サンライズ瀬戸・出雲を除いて寝台列車が全廃となった今、JR全線完乗を新たな鉄道 …

Google




amazon

ブログランキング

最近のコメント