気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

駅・路線

青森から函館へ~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(3)

投稿日:2018年1月9日 更新日:

八甲田丸見学~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(2)

八甲田丸を見学したあとは、スーパー白鳥19号(自由席)に乗って函館へ行きました。

このとき使用したきっぷは「周遊きっぷ、札幌・道南ゾーン」です。
(周遊きっぷは平成25年3月に廃止されました。)

平成23年2月1日発売分より、入口・出口駅が、それまでの青森駅から中小国駅に変更になりました。

なので、青森~中小国間は周遊区間外になりますので、特急の自由席に乗るためには、この区間の自由席特急券が必要になります。

青森駅へ戻り、改札内に入る前に、自由席特急券を買いに、みどりの窓口へ行きました。

しばらく並んで、自分の順番がきました。

「中小国までの自由席特急券をください。」

そこから窓口の担当者は、いろいろ調べ出し、最終的には「ちょっと確認してきます。」と奥へ入って行きました。

5~6分?、7~8分? 待って、ようやく発券してもらいました。

まぁ、そもそも中小国駅は特急が停まりませんから。
窓口の担当者も???な状態だったのでしょう。

同じ年の2月に新青森駅で同じきっぷを買ったときも、だいぶ時間がかかりました。

無事にきっぷも購入でき、急いでホームに向かいました。
が、すでに自由席車両のドア付近には、長蛇の列。。。

いちばん最後に乗り込み車内を見渡すと空席がなさそうだったので、結局、函館までデッキで立っていました。

2時間程度なので、別に立っている分には苦にはならなかったのですが、青函トンネルに入ると、とくにデッキにいると轟音がすごくて。。。

途中、揺れが強くて、他の乗客がデッキに置いていたスーツケースとゴルフバッグが倒れる始末。。。

通路をふさいでしまっていたので、「なんでこんなことをせなならんのか!?」と思いつつ、誰のかわからんスーツケースとゴルフバッグを元に戻し。。

そうかと思えば、ドアの横で立っていたら、小学生だか中学生くらいの子どもが、私の目の前でドアの窓にカメラを向けて写真を撮り出すし。。

動こうにも、その子どもと自分の荷物に挟まれて身動きできない状態で。。。

まぁ、いろいろありましたが、無事に函館駅に到着しました。

改札を出ようと、周遊きっぷのゆき券とゾーン券を2枚重ねて自動改札に入れましたら、扉が閉まって出られませんでした。

横にいた駅員が、私のきっぷを見て、ゾーン券だけを自動改札に通したら、すんなり出られました。

ゾーン券だけでよいんですね。

あれ? 2月に函館駅で、ゾーン券だけを入れたら、閉まって出られなかったような気が。。。

周遊きっぷがなくなった今、そんなことはどうでもよくなりました。

(平成23年9月乗車)

摩周丸見学~日本海+トワイライトEXPで行く函館・札幌の旅(4)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-駅・路線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

カシオペアで行く竜飛海底駅と網走の旅

タイトルに「カシオペアで行く」とありますが、カシオペアは帰りに利用しました。 この旅の目的は3つ。 1. 竜飛海底駅見学 2. 網走観光(とくに博物館網走監獄) 3. カシオペア乗車 旅程は、以下の通 …

赤川鉄橋(平成20年訪問)

赤川鉄橋は、大阪市の淀川に架かる城東貨物線の鉄橋で、鉄道橋と人道橋が並んでいる珍しい鉄橋です。 現在は、平成31年開業予定の「おおさか東線」の工事のため複線化され、人道橋のあった場所は線路が敷設されて …

日本最東端の駅、根室本線終着駅、納沙布岬を訪ねる旅

日本最東端の駅「東根室駅」と根室本線の終着駅「根室駅」、そして納沙布岬を訪ねる旅をしました。 旅程は以下の通りです。 平成28年6月1日~5日。 【1日目】 9:30関西空港→11:20新千歳空港(J …

枕崎駅、西大山駅、嘉例川駅を訪ねる旅

日本最南端の始発・終着駅「枕崎駅」、日本最南端の駅「西大山駅」、鹿児島県内最古の駅「嘉例川駅」に行きました。 メインはこの3ヶ所ですが、その他にもいろいろまわりました。 旅程は以下の通りです。 平成2 …

猫のいる駅 扇町駅

鶴見線、鶴見駅には、鶴見線の紹介ポスターが掲示されています。 以前の記事で書いた「海芝浦駅」の紹介もありました。 鶴見線 海芝浦駅 で、ちょっと気になったのが、こちら。猫のいる駅、扇町駅。 ということ …

Google




amazon

ブログランキング

最近のコメント