気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

寝台列車

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(1)

投稿日:2017年12月24日 更新日:

平成27年3月に廃止となったトワイライトエクスプレス。
そのトワイライトエクスプレスのスイートに乗りました。

乗車日は平成25年4月20日(土)、乗車区間は札幌→大阪。

それ以前に10回くらいトワイライトエクスプレスに乗りましたが、このときは初のスイート、しかも1号車1番の展望スイートの乗車でした。

札幌駅4番線ホーム。

トワイライトエクスプレスが入線しました。

トワイライトエクスプレスは何度乗ってもワクワクします。

1号車1番、展望スイートへ向かいます。


いよいよ部屋へ。

今まで、写真や映像や列車の外から窓を覗き込んでしか見たことのない空間が、実際に目の前に広がっていました。

トワイライトのエンブレム入りスリッパ。

ソファと、


ツインベッドがあります。

ウェルカムドリンクは、ホットコーヒーを選びました。

部屋の中の写真を撮りまくっている間に、トワイライトエクスプレスは定刻通り札幌駅を発車しました。

別の角度から。

それにしても、この眺めは迫力があります。

枕元にあるライト。

ベッドの奥にトイレ兼洗面所兼シャワールーム、その右側に鏡。

さらに右側にドライヤー、食堂車とつながる電話、空調&オーディオの操作パネル。

その上側に扉がありました。

開けると、予備の寝具が入っていました。

部屋の出入り口のドア。

ドアの左側に扉があります。

こちらはクローゼット。

展望室にある小さなテーブル。
上には、お茶のセット、ガイドブック、雑誌、箱ティッシュ、灰皿があります。

バスローブと浴衣。

結局、バスローブは使いませんでした。

そうこうするうちに、苫小牧に到着。

樽前山。

お茶を入れてみました。

北海道最後の停車駅、洞爺。次は新津までドアは開きません。

予約しておいた「日本海会席御膳」が部屋に届けられました。

なるだけ部屋にいる時間を長くするため、食事も部屋に届けてもらえる「日本海会席御膳」を選びました。

間近で見る連結器、こちらも迫力があります。

間近で見るDD51、何度見てもすごい迫力です。

夕食も食べ終わり、部屋でのんびりくつろぎました。

と言いたいところですが、あまりの豪華さと部屋の広さになんとなくソワソワしてしまい、まったく落ち着きませんでした。

2号車のスイートだったら、もう少し落ち着けたのかも!?

唯一、落ち着けたのが、トイレ兼シャワールームでした。
シャワールームはロイヤルと同じ構造なので、中にいる間はロイヤルと変わりませんから。

 

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(2)へ続きます。↓

トワイライトエクスプレス(スイート)乗車(2)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-寝台列車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

開放式A寝台 オロネ24

生まれて初めてのA寝台乗車は寝台特急「日本海」(平成24年3月廃止)の開放式A寝台オロネ24でした。 乗車日は、平成20年9月2日、乗車区間は青森→大阪。 解放式A寝台の下段だったので、大きな窓を独り …

北斗星(ソロ)に乗りました。~きっぷ取得編~

今回は、北斗星(ソロ)のきっぷ取得についてです。 北斗星(ソロ)に乗りました。(1) 北斗星(ソロ)に乗りました。(2) 発売開始日の当日は仕事のため、10時打ちができませんでした。 なので、勤務終了 …

寝台特急カシオペアきっぷ取得

2015年3月に廃止になった寝台特急カシオペア。 今でも団体専用列車として、ときどき運転されているようです。 このカシオペアに一度だけ乗ることができました。 カシオペアの寝台券、取るのに結構苦労しまし …

583系寝台電車パンタグラフ下中段

583系寝台電車は、通称「月光形」と呼ばれている寝台電車です。 その昔、大阪から鹿児島へ行くのによく利用していました。 小・中学校時代は、毎年、夏休みに「きりしま」や「明星」に乗って、親の故郷である鹿 …

富士・はやぶさを見るために門司駅へ

寝台特急「富士・はやぶさ」(平成21年3月廃止)を見るために、門司駅へ行きました。 本当は乗りたかったのですが、すでに廃止が決まっていたことと、個室B寝台ソロにこだわったために、きっぷを取ることができ …

Google




amazon

ブログランキング

最近のコメント