気ままな鉄道ひとり旅

鉄道のことや旅の記録を、気ままに気が向いたときに、ぼちぼち書いていきます。

駅・路線

山形新幹線完乗達成そして奥羽本線完乗達成ついでに及位駅

投稿日:2017年6月11日 更新日:

山形新幹線「つばさ」に乗りました。

乗車区間は東京-新庄。

「つばさ」としての乗車区間は東京-新庄ですが、東京-福島は東北新幹線の路線になりますので、山形新幹線としては福島-新庄となります。

これにより山形新幹線を完乗達成しました。

そして、奥羽本線の未乗区間である新庄-大曲を乗車しました。
これにより奥羽本線(福島-青森)を完乗達成しました。

山形新幹線(福島-新庄)は新幹線とはいうものの、在来線の奥羽本線との共用区間となります。

在来線列車と新幹線列車が同じ線路の上を走っています。

秋田新幹線も同様に、盛岡-秋田を在来線の田沢湖線、奥羽本線を走っています。

新幹線ですが在来線です。

福島-新庄を山形新幹線、新庄-大曲を普通列車、大曲-秋田を秋田新幹線、秋田-青森を日本海、トワイライトエクスプレスの乗車で、奥羽本線(福島-青森)を完乗達成しました。

次は、福島-新庄と大曲-秋田を山形新幹線、秋田新幹線ではなく、純粋な在来線列車で乗車したいと思います。

山形新幹線にカリスマ販売員と呼ばれる車内販売員がいました。
が、とっくにお辞めになっています。
現在は接客に関するセミナーや講習会の講師として活躍されているそうです。
新幹線の車内でお会いしたかった。。

 

山形新幹線の終着駅「新庄駅」。

標準軌と狭軌が混在しています。
というか新庄駅で標準軌と狭軌が分断されています。

福島-新庄は標準軌。在来線列車も標準軌。
新庄-大曲は狭軌。
なかなか興味深い駅です。

新幹線の駅の割に自動改札ではありません。

新庄駅前は興味を引かれるものは、とくにありませんでした。
車両基地くらいでしょうか。

駅構内に観光案内所、土産物屋、飲食店、コンビニがありました。

駅から少し離れた場所に「新庄ふるさと歴史センター」という歴史資料館がありましたので、そこへ行きました。

 

駅のすぐ目の前にホテルがあります。
ホテルルートイン新庄駅前。

本当に駅のすぐ目の前なので、たいへん便利です。
ホテルの部屋からも駅が見えます。

 

そして以前から気になっていた「及位駅」。

まず、新庄から奥羽本線の普通列車に乗って大曲へ。
大曲で45分ほど時間を潰して、再び奥羽本線の普通列車・新庄行きに乗車。

そして、及位で途中下車。
降りたのは私ひとりでした。

駅に着いてもワンマン列車の運転士は座って前を向いたままで、きっぷを確認する素振りを見せませんでした。

半自動のドアを開ける音に気付いてハッと後ろを振り返り、私はきっぷを見せながら降りました。
この駅で降りる人はほとんどいないのだろうなと思いました。

駅前は見事に何もありません。

いちおう待合室はあります。トイレもあります。
跨線橋は虫だらけでした。。

次の列車が来るまでの1時間40分。
駅周辺をブラブラしたり、駅に戻ってきてホームを行ったり来たり、ベンチに座って休憩したり、駅舎を眺めたりしながら列車を待ちました。

たぶん、この「及位駅」で降りるのは、今回で最初で最後だと思います。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村







-駅・路線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

肥薩おれんじ鉄道 阿久根駅(駅舎リニューアル後)

前回の訪問から3年後、再び阿久根駅を訪れました。 肥薩おれんじ鉄道 阿久根駅(駅舎リニューアル前) 阿久根駅。 ホームはさほど変わっていませんが、 改札口の雰囲気はガラッと変わりました。 ネコがいまし …

道南いさりび鉄道と福島町青函トンネル記念館

東北北海道新幹線はやぶさグランクラスで行く青函トンネル記念館と青函トンネル入口広場の旅。 旅の目的。 ・はやぶさグランクラス乗車 ・青函トンネル記念館の見学 ・青函トンネル入口広場の見学 ・階段国道訪 …

佐久間レールパーク

佐久間レールパークは、かつて飯田線・中部天竜駅構内にあったJR東海の鉄道博物館です。 1991年(平成3年)4月21日に中部天竜機関区の跡地を利用して開設されましたが、2009年(平成21年)11月1 …

日本最東端の駅、根室本線終着駅、納沙布岬を訪ねる旅

日本最東端の駅「東根室駅」と根室本線の終着駅「根室駅」、そして納沙布岬を訪ねる旅をしました。 旅程は以下の通りです。 平成28年6月1日~5日。 【1日目】 9:30関西空港→11:20新千歳空港(J …

上越線と高崎線を寝台特急 北陸の乗車により完乗しました。

上越線と高崎線を寝台特急 北陸の乗車により完乗しました。 しかし、このときは上越線と高崎線の完乗を目的にしたのではなく、寝台列車の乗車、とりわけ個室寝台の乗車を目的としていたので、完乗したからどうとい …

Google




amazon

ブログランキング

最近のコメント